• Instagram
Kagami_no_kyoumei
​鴨川の鏡の人

​鴨川で42日間、鏡の前に座った事について

毎日、違う所で出会うホームレスがいる。取締りにより止まる事を許されておらず、移動し続けなければならない。

2018年東京に『FREE REFUGEES』『REFUGEES WELCOM』のグラフティーが入国管理局によって消された。

行政によって最初から排除する者は決まっており議論を交わす前に消されてしまった。

 

京都には昔、支配者から逃れる為、鴨川に住んだ河原者と呼ばれる人達がいった。

彼らは独自のコミュニティを形成し社会に受容されていった。

1980年代には”河原町のジュリー”と呼ばれる京都の人で知らない者はいない有名なホームレスもいた。

 

鴨川は多様なもの達を受け入れてきた歴史がある。だから、鴨川に来ると多様な発想ができ、寛容になれるかも知れない。

 

毎日同じ場所に座るというポリティカルな行動によって鴨川に存在する、公共空間においての自由を浮き出し記録した。

映像によって記録された鴨川の空間を別空間に持ち込む事により、自由な空間が広がる事を願う。

  • Instagram